MabGenesis Inc.

Expand Druggable Space

About Mabgenesis

MabGenesis Inc. is a biopharmaceutical company that provides first-in-class and best-in-class therapeutic monoclonal antibody drugs in human and animal fields by utilizing years of academic antibody research.

Our antibody library holds the highest quality and functionality with comprehensiveness.

Our key technologies are quality phage display antibody libraries with functionality and comprehensiveness that covers the antibody gene repertoire and the efficient clone isolation methodology that allows for the discovery of therapeutic monoclonal antibodies against hard-to-drug targets. Currently human, canine and camel antibody libraries are available for screening.

Latest News

May 19, 2020 in News

Seed round financing completed with Beyond Next Ventures Co., Ltd.

Beyond Next Ventures Co., Ltd. (Headquarters: Chuo-ku, Tokyo, Representative Director and President: Tsuyoshi Ito) underwrote a third-party allotment to raise 37.5 million yen in seed round funding.
Read More
May 19, 2020 in News

Our site is live!

Read More
May 19, 2020 in News

Joint research agreement with Gene Techno Science for a new antibody that kills cancer cells

この度、ジーンテクノサイエンスとがん細胞殺傷効果を有する抗体取得及び特許出願に向けて、共同研究契約を締結いたしました。
Read More

Antibody Drugs

An antibody drug is a drug that utilizes an antibody that exists in a living body. By selectively binding to target molecules (antigens), antibody drugs perform various pharmacological effects.

The antibody drug market is expected to exceed 14 trillion yen in 2020, and “fully human antibodies”, which are expected to have higher efficacy and safety in the future, have become the mainstream of antibody drugs.

In the future, with the aging of companion animals (dogs and cats), it is expected that the market for complete dog/cat antibodies, which are more effective and safer for pets, will increase.

Antibody Structure

Antibody Structure

Antibody Mechanism (cancer treatment)

Antibody Mechanism (cancer treatment)

Our Technology

Phage Antibody Library
Synthesis Technology

1. Variable region amplification & optimal combination of heavy and light chains

By combining these technologies and know-how, it has become possible to construct a high-quality phage antibody library with 1011 clones, covering the entire antibody gene repertoire, with functionality and diversity.

2. Phage antibody isolation technology

Our ideas and technologies have enabled efficient screening and isolation of phage antibody clones.

3. Covering the entire antibody gene repertoire in an individual

Since bone marrow and spleen are used, self-recognizing antibodies are also included.

By combining these methods, we made it possible to obtain new monoclonal antibodies that recognize low antigenic molecules, membrane complex molecules, and epitopes.

Antibody Library

1. Human Antibody

A high-quality phage display antibody library consisting of 1011 individually functional clones covering the entire antibody gene repertoire

2. Dog Antibody

Derived from our human antibody library

3. Camel VHH Antibody

World’s largest diversity (2.8x 10^11  clones)

4. Cancer cell-specific subset antibody library

Subset library for about 50 types of cancer cells. Enables efficient isolation of desired mAbs.

Our Work

Antibodies with unique properties that can be licensed to pharmaceutical companies

High Affinity

TFR1

Anti-TFR antibody that currently has the strongest anti-cancer effect in the world (preparing to start human trials at other companies)

Complex Recognition

Integrin A6B4

World’s first anti-ITGA6B4 complex antibody

Antibodies for low antigenic molecules

CADM1/IgSF4

World’s first anti-CADM1 / IgSF4 human antibody

IntegrinA6B4 Project Antibody Evaluation

Including the integrin antibody enhances the effect of the anticancer drug and almost eliminates the tumor.

Control

Control


AraC

AraC


AraC +インテグリン抗体

AraC + Integrin Antibody

Our Business

Human antibody drug market (global)
14 trillion yen (2020)

 

Developing pharmaceutical business for both the humans and companion animals. Prioritizing BD in the more mature human market, while entering into animal markets, which are expected to grow in the future.

Animal Antibody Drug Market (Global)
300 billion yen in the future | Appx. 30 times growth

Business Model

Business Model

Download our Business Plan

We presented our business plan at Blockbuster Tokyo on March 4.

Our Team

Shinjo Katsuhiro / 代表取締役

獣医師(D.V.M.)、獣医学博士(Ph.D.)

  • Visiting fellow, NYS college of Veterinary Medicine, Cornell University
  • ファイザー株式会社 中央研究所 生物科学研究統括部 探索薬理研究部長
  • 生化学工業株式会社 中央研究所 研究企画室長
  • 神戸大学 連携創造学部 客員教授
  • 日本イーライリリー株式会社 エランコアニマルヘルス 研究開発部長

ファイザー株式会社中央研究所では、研究者およびマネジャーとして疼痛治療領域、肝臓疾患領域の創薬探索研究に責任を負い、数多くの創薬プロジェクトの立ち上げ、開発候補品の創出に成功した。特に発明者でもあるEP4 antagonistはヒトOA pain Phase 2POCを達成、後にイヌOA pain治療剤Galliprantとしてエランコアニマルヘルスより米国で上市された。また、創薬ゲノム技術評価導入にも責任を負い、多くの最新技術を創薬プロセスへ導入した。生化学工業株式会社中央研究所においては探索研究および非臨床研究を統括。日本イーライリリー株式会社エランコアニマルヘルスにおいてはJapan R&D hub立ち上げを行い、開発ポートフォリオ推進と導入品の探索評価に責任を負った。日本イーライリリー株式会社研究開発本部においては、慢性疼痛治療薬のメディカル活動に従事し、医薬品の適正使用、near-launchおよびpost-launch活動を推進した。

Koizumi Shinichi / 渉外担当

理学博士(Ph.D.)

  • Visiting Fellow, 米国国立衛生研究所(NIH)
  • ノバルティスファーマ株式会社 創薬生物研究部 部長
  • ファイザー株式会社 生物科学研究統括部 統括部長
  • ラクオリア創薬株式会社 取締役専務執行役員CSO
  • Medicinal Creation Advisor合同会社 代表取締役(現任)
  • 株式会社AskAt 取締役(現任)

米国NIH研究員、Novartisつくば研究所、Pfizer名古屋研究所で生物部門を統括。複数の領域での創薬研究マネージメントを経験。ラクオリア創薬創立にCSOとして参加、同社上場後、(株)AskAtを立ち上げ独立、現在同社取締役副社長。 Medicinal Creation Advisor(MCA)代表社員(兼任)

Kurosawa Gene / 最高技術責任者

理学博士(Ph.D.)

  • 日本学術振興会特別研究員(平成12年4月~15年3月)
  • 藤田保健衛生大学総合医科学研究所 ポストドクトラルフェロー
  • 厚生労働省・医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究推進事業リサーチレジデント
  • MedImmune (Cambridge UK, アストラゼネカグループ) Visiting Scientist
  • 株式会社ペルセウスプロテオミクス(富士フィルムグループ) 研究開発部研究員
  • 藤田医科大学 研究支援推進センター 講師(現任

2000~2003年の間学術振興会特別研究員として、それまで一切情報の無かったメダカHox遺伝子の全容を明らかにし、魚類におけるゲノム進化の多様性を証明した。(G. Kurosawa et al. Gene, 2006)、その後藤田保健衛生大学(現藤田医科大学)に赴任後は「ヒト抗体ファージライブラリー」を使用して、がん細胞膜上に存在する抗原分子に対する網羅的抗体の取得を目指し、抗体開発プロジェクトを進め、世界に通用する抗体作成技術を熟成した。(G. Kurosawa et al. Proc. Natl. Acad. Sci. USA,2008)、これらの成果を受け、研究参画要請のあったMedImmune-CAT社(英国)にて研究を遂行(S. Rust et al. Molecular Cancer 2013)、同時期MRC(英国)との共同研究も進行させた(M. Kurosawa et al. FEBS J. 2012) 。これらを通じ本技術の本格的社会実装を狙い、起業を含む、多施設共同研究を推し進め、複数のパイプライン創出を成功させた。これまでの業績としては出願特許30件以上、成立特許日本特許8件、外国特許7件の合計15件の発明者として名を連ねている。査読着き英字論文、その他著書、新聞発表合計約50件の発表を行っている。

Morishita Kazuhiro / 科学顧問

医師(M.D.)、医学博士(Ph.D.)

  • 東京大学医科学研究所内科研修医、病態薬理研究部助手、化学研究部客員研究員
  • Postdoctoral fellow, NIH-NCI Frederick Cancer Institute,
  • Faculty member, Department of Biochemistry, St Jude Children’s Research Hospital
  • 国立がん研究センター研究所、生物学部、室長
  • 宮崎大学 医学部 機能制御学講座腫瘍生化学分野教授(現任)

東京大学医科学研究所化学研究部(上代淑人教授)にて長田重一先生の指導で分子生物学を学びmyeloperoxidase(MPO)遺伝子単離に成功、学位を修得、それをもとにNIH-NCI Frederick Cancer Institute(Dr. Jame N Ihle)に留学、白血病の原因遺伝子として転写因子Evi1を単離した(Cell 1988)。その後St Jude Children’s Research Instituteに移り、ヒト白血病ゲノム解析を行いEVI1遺伝子の単離と染色体転座の関係を明らかにした(PNAS1992)。その後日本の国立がん研究センターにて、EVI1ファミリーのMEL1/PRDM16を単離(Blood 1995)。2000年より宮崎医科大学(現宮崎大学)にて南九州に多い成人T細胞白血病(ATL)の研究を始め、いくつかの癌遺伝子、がん抑制遺伝子を単離(Blood 2008,Nature comm 2014)。白血病治療を目的としてその後網羅的遺伝子発現解析等により白血病の表面抗原を各種単離し、分子標的治療法として抗体療法を行うため黒澤先生(藤田保健衛生大学)と共同研究をスタート、ATLの新規マーカーとしてCADM1/IgSF4/TSLC1(Blood 2005)、治療用としてTFR抗体の開発(BBRC2017)、白血病幹細胞を標的として、ITGA6(Plosone 2014)、GPR56(Leukemia 2013)を同定し、抗体開発を行っている。TFR抗体はPPMX社により治験前段階である。

Company Info

Company Name
MabGenesis Inc
Address
3 Chome-7-18 Shinyokohama, Kohoku Ward, Yokohama, Kanagawa 222-0033
Business
Pharmaceutical Development
Established
3rd June 2019
CEO
Katsuhiro Shinjo
Website
www.mabgenesis.com
Accounting Period
March

Contact Us